TOP > ファクタリングについて > 独立系のファクタリングの主なメリットとは

独立系のファクタリングの主なメリットとは

ファクタリングは、金融関連のサービスです。
いわゆる金融商品になりますし、銀行もそのサービスを提供しています。
その他にも、独立系の業者によるファクタリングもあります。
独立系の業者の場合、手数料に関するデメリットはあります。
そもそも銀行ローンなどは、全体的に金利手数料が低めです。
審査は若干厳しい半面、手数料は低めに設定されていますから、ノンバンクでなく銀行でお金を借りている方も多いです。
ファクタリングも、銀行の方が手数料は低めになっている訳です。
ですから売掛金を売却する時のコストを抑えたい方々は、独立系ではなく銀行で申し込みをしていることも多いです。
しかし手数料は高めでも、あえて独立系が選ばれる事もあります。
というのも独立系の業者によるファクタリングには、スピードと通知に関するメリットがあるからです。


そもそも銀行は、肝心の買取額が支払われるのは若干時間がかかります。
即日で支払われるケースは、殆どありません。
というのも銀行の場合は、たいてい複数の業者が関わっています。
銀行が事務作業を行った後は、他の金融業者にデータが渡って、また別途で作業が行われる訳です。
ですから銀行によるファクタリングの場合は、1週間以上かかってしまう事も珍しくありません。
急ぎで売掛金を売却したい時は、1週間もかかってしまうのは困ります。
ところが独立系の業者によるファクタリングの場合は、もっと速やかに手続きが完了する傾向があります。
具体的に何日程度で買取額が支払われるかは、商品次第です。
中には、即日で買取額が支払われる商品もあります。
ですから急いで資金を確保したい方々は、よく独立系の業者で申し込みをしています。


ところで独立系の業者の場合は、二社間のファクタリングを利用できます。
ファクタリングにも色々な種類があって、他にも三者間というタイプもありますが、売掛先に情報が伝わってしまうデメリットがあります。
そもそもファクタリングは、債権を譲渡する事になる訳です。
自分が保有している売掛金の保有権を、ファクタリングの業者に渡す事になります。
三社間というタイプですと、売掛金を支払ってくれる取引先に対して、「債権を譲渡する」旨が伝わってしまいます。
ところが二社間のファクタリングの場合、売掛先に情報が伝わってしまう事はありません。
独立系の業者の場合は、その二社間のファクタリングを利用する事はできますが、銀行には二者間のタイプはありません。
三社間になってしまいます。
ですから売掛先に情報を伝えたくない時は、独立系の業者のファクタリングがおすすめです。

次の記事へ