ファクタリングのメリットと費用

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングのメリットと費用

ファクタリングのメリットと費用

ファクタリングというのは、会社が手にしている売掛金をファクタリング業者が買い取るシステムになります。
具体的には、売掛金が回収されることを待たないでキャッシュ化することができます。
したがって、当座の資金需要を満足させるテクニックとして関心の的となっており、最近盛んに活用され始めています。
元を辿れば、売掛金については、相手側から売掛金を払ってもらう期日において満額を受け取れますが、回収の期日の前に売掛金をファクタリング業者によって買い入れてもらって、当座の資金需要へ充当することができます。
この時に、ファクタリング業者については会社からしかるべき手数料をもらった上で売掛金を買い入れて、あとになって、ファクタリング業者は、債務者より売掛金の回収を実施します。


ここにきて、AI技術を有効に活用して効率性の高い審査を実施することを通して費用を抑え、それほど高くない取り扱い手数料を供するクラウドファクタリングがあります。
申込から始まり契約まで全部オンラインによって完結することから、全国的に24時間何処からでも申込が実行できるものもあります。
銀行より融資を受けることになる場合、審査において時間がかかることから、即座にキャッシュが必要な場合には使うことができませんが、ファクタリングのケースでは、取り扱い手数料を負担するとすばやく売掛金をキャッシュに換えることができます。
ですので、当座の資金需要を充当する上で極めて実用的な方法といえます。
メリットとして、 売掛金の早い段階でのキャッシュ化が実現でき、売掛金を払う債務者が破綻してしまったケースでも支払いリスクが生じないことがあげられます。


ファクタリングは、債権者、債務者、業者による3社間ファクタリングそれから債権者と業者による2社間ファクタリングが見受けられます。
3社間のケースでは、手数料が売掛金の1~5パーセントぐらい、2社間は売掛金の10~30パーセントくらいとされていて、2社間の手数料が高めになっています。
これについては、債権者が、債務者より回収した売掛金をフ業者へ払わないリスクがあるからといえます。
こうした不安がない3社間の手数料が安価になっています。
債務者の承認が必須ですが、取り扱い手数料が安価な3社間の有効活用が推奨できます。
それに加えて、クラウドファクタリングにおいては、AI審査及びオンライン処理により費用をセーブし、低い取り扱い手数料で用いることが出来るので、検討に値するといえます。

次の記事へ