TOP > ファクタリングについて > ファクタリングによって売掛金を現金にするメリット

ファクタリングによって売掛金を現金にするメリット

ファクタリングのシステムからも認識できるように、使用の手順は簡単です。
ファクタリング会社へ申込みを入れて売掛金を早いうちに支払ってもらう契約を交わすだけになります。
時間をかけなくてもキャッシュを準備できますので、実用性が高いと言えます。
また、無担保で即日にキャッシュを手に入れられます。
ファクタリングに関しては担保なしで即日支払われます。
したがって ファクタリングの最も大きい利点はキャッシュフローの好転です。
売掛金がキャッシュになるのは早くても数ヶ月必要ですが、ファクタリングを実践すれば即日中にキャッシュを準備することができます。
従って、販売品の仕入れの為、スタッフの賃金のために、支払期日に用意するためにと広い範囲のつかいみちで利用することができます。


また、取引先の破綻による危険性を避けることが出来ます。
ファクタリングを実行すれば、ファクタリング会社へ売掛金を売り払ったと言えますので、取引会社が破綻しても支払いの義務は生じることはありません。
従って、リスクの回避といった観点からも優れた手段となっています。
会社の経営が厳しい会社こそ、取引先が破綻することが致命傷にすらなることだってあります。
そういう背景から、ファクタリングについては破綻の危険性を減らすのにも力を発揮してくれる方法となっています。
さらに、ファクタリングについては借金ではありません。
しばしば間違えられることですが、ファクタリングは借金ということではありません。
売掛金を商品という形でファクタリング会社へ売り払っていますので、現実的には商品売買になっています。
従って、貸借対照表的には負債という形で記載されることはありません。
要するに、会社に影響がでないクリーンなサービスになります。


さらに、取引先に知られないメリットがあります。
要するに、ファクタリングを使ったことが取引先に認識されません。
売掛金をファクタリング会社へと売り払うことが取引先に知られたら困ると気掛かりになる会社の経営者もいるわけですが、心配することありません。
ファクタリングを行ったとしても2社間に関する契約であれば取引先に知られることはありません。
取引先より売掛金の支払いが実行されたら、そのままの状態でファクタリング会社へ渡すだけですから自らが口を滑らさなければ外部に知られる要素はありません。
ビジネスにおいては信頼関係が非常に重要になります。
ファクタリングについてはキャッシュフローの好転を行いながら、相互信頼も保てるため便利なサービスと言っても良いでしょう。

次の記事へ