ファクタリングにはいろいろなメリットがあります

TOP > ファクタリングについて > ファクタリングにはいろいろなメリットがあります

ファクタリングにはいろいろなメリットがあります

ファクタリングにはいろいろなメリットがあり、比較的簡単に資金を調達することが可能です。
銀行からの融資になると経営状態がチェックされますが、ファクタリングの場合は融資ではないので審査に通りやすい特徴があります。
キャッシュフローを正常化することができ、売掛金を売却することによって資金を調達することができ出費や支払の不足に対応することができるでしょう。
銀行から借りる場合担保が必要なケースがありますが、このファクタリングの場合融資とは違うので担保が不要です。
審査は償還請求権があるかないかで異なりますが、銀行が提供しているファクタリングサービスは償還請求権があるという前提で取り引きされる仕組みです。
償還請求権がある取引の場合、譲渡担保融資になるのでローンの融資を利用するのと同じ審査があるでしょう。
売掛先の与信力なども調査されたり、銀行は審査が厳しくなりますが低い手数料で利用できるケースもあります。


貸借対照表を改善することができ、償還請求権がない債権譲渡を行うところを選択すると、売掛先が倒産して売掛金が回収できないケースでも負担することなく貸借対照表においても負債にならないメリットがあります。
この方式を利用して資金調達に最適なのは銀行といった金融機関から融資を受けることができない企業で、売掛金の支払いが長い取引先が多い会社もファクタリングを利用する際いろいろなメリットを実感することが可能です。
翌月払いといった短期間の取引先が多いケースは資金繰りがやや楽ですが、手形決済で支払いが長い場合売り上げは黒字でも手元には現金がないということも考えられます。
黒字なのに倒産を回避するためファクタリングは有効的な活用手段で、幅広い分野において利用されているシステムです。


ファクタリング手数料は債権金額や売掛先の規模、経営状況や支払いなどによって異なります。
取引形態などによっても異なることがあり、ファクタリングは売掛先に通知する3社間ファクタリングや、売掛先に通知しない2社間ファクタリングが存在しています。
2社間と3社間のファクタリングの場合は手数料に大きな違いがあり、2社間ファクタリングの場合は売掛債権額の約10~30%が目安です。
3社間ファクタリングの場合は売掛債権額の約1~5%が相場で、2社間の手数料の方が高いです。
売掛先を通さない2社間はファクタリング会社の方のリスクが高いので、リスクを回避する意味も含めてやや手数料が高く設定されています。
契約にいくつか必要な書類があり、商業登記簿謄本や印鑑証明書などがあげられます。
事業主の本人確認書類なども必要になるので事前に準備しておきましょう。

次の記事へ