TOP > ファクタリングについて > スピードや手間のメリットがある非対面のファクタリング

スピードや手間のメリットがある非対面のファクタリング

ファクタリングで売掛金を売却するなら、原則として面談を受ける事になります。
金融会社の実店舗などに訪問し、面談を受けるケースも多いです。
ですが売却したい本人としては、面談が少々難しい事もあります。
その理由の1つは、店舗までの距離です。
そもそも実店舗は、必ずしも自社オフィスから近い場所にあるとは限りません。
金融会社の実店舗は、少々遠い事もあります。
片道1時間以上かかってしまう実店舗もあります。
それだけの距離が離れていると、面談を受けるのも困難です。
時間もかかってしまいますし、遠くの店舗まで行くのは大変です。
ところがファクタリングの業者によっては、わざわざ面談を受けなくても手続きを進めてくれる事があります。
一定の条件はあるものの、遠い所まで足を運ぶ必要はありませんから、とても便利です。


現にあるファクタリングの業者は、WEBで手続きを進めてくれます。
その具体的な流れですが、まずは公式サイトにアクセスします。
サイトには申し込み用のフォームがあり、利用金額や会社名や売掛金の具体的な数字を入力します。
そして業者にデータを送信すると、折り返し電話が来ます。
システムの具体的な流れも説明されますが、業者に必要な書類を送信して、審査結果を待ちます。
審査で特に問題なければ、手数料を差し引いた分の買取額が入金される訳です。
そして後日になって、取引先から売掛金が支払われました。
そこで改めてファクタリングの業者に売掛金を全額支払えば、手続き完了という流れです。
上記のような流れになりますから、わざわざファクタリングの業者の実店舗に行く必要はありません。
WEBで手続きを進められます。


上述の対面不要のファクタリングには、スピードに関するメリットもあります。
わざわざ対面する必要はありませんから、短時間で買取額を支払ってもらう事ができます。
現に上記の業者の場合は、最短2時間程度で買い取ってくれると明示しています。
速やかにお金を確保したい時は、とても便利です。
ただし条件が1つあって、大口の取引では少々難しい傾向があります。
例えば100万円や1000万円などの売掛金ですと、対面不要で手続きを進めるのは困難です。
上述の業者の場合は、小口専門になります。
数十万円などの低めな金額のみ、対面不要で売掛金を売却できる訳です。
ですから多くの資金を確保するのは困難ですが、それでもスピーディーにお金を確保できるのは、とても助かります。
金額よりもスピードを重視している時などは、非対面のファクタリングも検討してみる価値があります。

次の記事へ