ファクタリングサービス会社の比較がしやすい

ファクタリングサービスは売掛債権に保険をかけることでリスクを回避することができたり、未回収の売掛金を買取ってもらうことができる仕組みになっています。こうしたサービスがあると企業もいざって時に安心できます。しかし、こうしたファクタリングサービスは数も多いです。そこで、当サイトではそうした会社を詳細に比較できるようにしてあります。

当サイトでは、各々のファクタリングサービス会社の特徴を詳細に比較ができます。会社の規模や実績そして評判など、利用する際には知っておきたい情報を把握することができます。ファクタリングサービスの会社をこれから利用される企業にはかなり役立つサイトになっていますのでぜひご利用下さい。

また当サイトでは、当サイトが総合的に判断しておすすめのファクタリングサービス会社の紹介もしています。初めて利用される場合には、こうした情報は有益なものとなりますので、アクセスされた際にはどうぞご閲覧下さい。

TOMIN

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
情報量 ★★★★★
サービス度 ★★★★
使いやすさ ★★★★

銀行融資を断られてしまったり、売掛金が手に入るまで時間がかかってしまい、資金取得が困難な状況になった場合、TOMINはファクタリングによる、手形取り引きが可能です。すばやく資金調達が可能で、保証人も不要です。

医者や薬局経営の方へのプレミアムプラン、メディカルプランを中心に、個人事業主に対しても多用な融資プランをご用意しています。どのプランに関しても、低金利かつ、手数料と違約金の諸費用は0円です。(一部のプランのみ手数料と違約金は発生します。)

貸金業として、財務大臣と所管の都道府県に届け出をし、認可された貸金業登録番号を取得しています。創業50周年を迎え、これまで全国47都道府県の契約実績を達成しています。商品や返済のシミュレーションを、HP内で行えるので、新規の方は参考にすることができます。

FACTOR PLAN

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
情報量 ★★★★★
サービス度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★

売上アップで黒字なのに倒産するのは資金ショートが原因になるケースが多いです。順調な企業経営を支えるためにもFACTOR PLANのファクタリングを活用してみましょう。その日に支払期日であっても即日の現金を受け取りが可能です。

借入金で資金調達をするときは担保が必要であったり保証人が必要になりますが、借り入れによる資金調達ではないので保証人などは不要です。

ファクタリングは便利な資金調達方法ですが、一定の手数料がかかるのでそれを加味した利用が必要です。タイプによって異なる手数料での利用が可能で、それぞれの事情によって必要なプランを選択できます。

七福神

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★
情報量 ★★★★
サービス度 ★★★★
使いやすさ ★★★★

ファクタリングとは入金されない債権を買い取ることによって、好きなタイミングで現金化をすることができるサービスで、欧米では広く知れ渡っています。七福神では給料という債権を買い取ることによって、現金化をすることができます。借金をすることなく現金が手に入りますので、何よりもありがたいことです。

七福神では給料ファクタリングという仕組みを使って、即日融資を実現しています。給料という債権を用いることにより融資を行いますので、給料額以上の融資は認められていません。給料額の範囲内でどうしても現金が必要だという時に、即日で現金を手に入れることが可能です。

貸金業ではないので、融資ブラックの人でもお金を借りることが可能です。ただし、安定した収入が無ければ、給料債権が保証されないことになるので利用できないです。融資ブラックでも利用をしたいならば、安定した収入を稼ぐことが求められます。

えんナビ

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★
情報量 ★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★

えんナビはファクタリングで売掛金を企業から買い取る事により、お金を借りずに資金調達する事を手助けしてくれる会社ですが、所有不動産や保証人を用意できない会社や他で融資を断られた所でも最短一日でサービスを受けられるのが強みです。

ファクタリングは借金では無いので利率は存在しませんが手数料は発生します。えんナビはファクタリング業界の中で最低水準の手数料を実現してくれているので、出費を増やすことなく資金調達が達成できるのが魅力的です。

利用する際に気になるのが情報の漏えいですが、徹底した秘密厳守に力を入れているので安心して資金調達の為のサービスを利用する事が出来ます。

MSFJ

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★
情報量 ★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★

MSFJはファクタリングのサービスで経営をサポートしている会社ですが、取引銀行は大手が殆どなので信頼できます。ファクタリングは借金ではないので、返済時の利率等を気にする必要は無いのですが、手数料は発生します。その気になる手数料の部分も安めなので安心してサービスを受けられます。

ファクタリングサービスにも種類があり、300万円を限度額として資金調達ができるクイックファクタリングと、5,000万円までを限度額としたプレミアムファクタリングで分かれてきますが、クイックの方で100万円までならばスピード審査による即対応のサービスを受けられるのが強みです。

初めてファクタリングを利用する方等を手助けする為にMSFJでは、資金調達のプロが最後まで丁寧に説明やサポートをしてくれるので、スムーズに安心して資金調達出来る仕組みがあるのが魅力的です。

資金調達プロ

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★
情報量 ★★★
サービス度 ★★★★★
使いやすさ ★★★

資金調達プロは日本最大級の資金調達情報サイトであり、ワンクリックで気軽に知りたい情報を手に入れられる事が強みであり、10秒程度で幾らぐらいの融資を受けられるのかをチェックする機能もあるのでとても便利です。

経営者や従業員の様に立場が違う時に、債権の種類も売掛金と給料で変わってくるので、それぞれに合ったファクタリング会社を的確に見つけ出す事にも資金調達プロは役立ちますし、消費者金融から借りる時の融資利率や借入限度額、審査スピード等も分かり易く比較する事ができます。

税理士や公認会計士等の資金調達に役立つ専門家を全国から地域を選んで、簡単にどんな人や組織が存在するのかが分かるので、居住エリアの近くにいる専門家を探し出す時にも頼りになります。

ファクタリングと節税のメリット

黒字企業によっては、税金を懸念していることがあります。経営が黒字になるのは良いですが、状況によっては税金の金額が高くなってしまうからです。税金は、基本的には所得額に左右されます。多くの所得を得ている企業であれば、税金も高くなる訳です。このため売上数字が高い企業の場合、納税額を気にしている事があります。ですが税金は、安くすることも可能です。その方法の1つは経費です。そもそも所得は、収入とは異なります。収入が1億円でも、経費が6,000万円かかっていれば、実質的な所得は4,000万円です。1億円から6,000万円を引き算すると、所得額を算出できます。所得額を減らす事ができれば、最終的な納税額も低くなりますから、経費を気にしている企業も多いです。ですから多くの企業は、よく領収書などを保管している訳です。

ところで企業によっては、ファクタリングという金融商品を検討していることがあります。速やかに資金を確保したい時は、確かにファクタリングは便利です。ファクタリングは、自社が抱えている売掛金を売却する商品です。例えば自社が1,000万円の売掛金を抱えていて、支払い予定日は8ヶ月先だとします。設備投資などで急ぎでお金が必要な時などは、8ヶ月先になってしまうのも困ります。ですがファクタリングという商品を活用すれば、売掛金を速やかに売却できます。金融会社によっては、それこそ即日で買取額を支払ってくれます。ただしファクタリングという商品は、手数料がかかります。上述の1,000万円の売掛金の場合、満額が支払われる訳ではありません。200万円ぐらいの手数料が差し引かれて、差額分が支払われる訳です。

その手数料は、ファクタリングのデメリットの1つであると思われている事も多いです。しかし状況によっては、それで節税する事もできます。もちろん手数料は、金融会社にお金を支払っている訳です。ただ、この場合は事業に必要な資金を確保する為に手数料を払っているので、経費であると見なされます。上記の例の場合は、200万円の手数料を支払った訳ですから、200万円の経費として計上できる訳です。もちろん経費は、1年間の収入から引き算する事ができます。一旦は手数料は支払う形になりますが、経費扱いになる都合上、節税効果もある訳です。それは、ファクタリングの隠れたデメリットの1つという声も多いです。ですから経営が黒字ではあるものの、支払う税金が気になっている法人は、しばしばファクタリングを検討しています。